キッチンスペースは芸術性を帯びる

最近、以前に比べてblogの更新頻度が減っています。
現場は動いているのですが、出かけることが極端に減ったので、日々の刺激がないんですよね。
「必要緊急」以外はほとんど事務所にいます。自宅と事務所は玄関を出て階段10段なので、外に出なくても通勤できています。たまに用事があり出かけていますが、ほぼ車で出かけているので、公共交通機関の乗り方を忘れてしまいそうです。

そんな状況ですが、3月に完成したAEGの新しいショールームの竣工写真の撮影に出かけました。オープンしてすぐに自粛生活になり、ほとんどのお客様にお披露目できていませんが。
黒いスチールフレームと道産ナラの突板を特殊加工した突板の面材が非常に端正な表情に仕上がっています。ショールームなので、一般家庭にはあり得ないほどに機器類がビルトインされていますが、このノリで家庭のキッチンを作ってもかっこいいですね。実際に幾つかのお問い合わせをいただいていますし、フレームキッチンの新しい形を提案できたと思います。
もちろんキッチンは本体だけが突出していてはダメで、空間として成立していなければなりません。本体以外の素材、色、照明計画、ダイニングスペースとの関係、リビングスペースとの関係、料人とモノ、料理。。。それらの関係をきちんと整えることが大切。
キッチンは家の中でも要素が非常に多い場所です。だからキッチンは生活の総合芸術とも言えますね。何かネーミングを考えようかな

5月15日(金)終日事務所、一瞬歯医者
5月16日(土)昼、赤坂砂場でお客様と打ち合わせ。午後、15年前に収めた家具のメンテナンスのご相談で清澄白河のマンション。夕方から事務所。
5月17日(日)午後、入船STUDIO。夕方、隅田川沿いを散歩、築地のイタリアンでテイクアウトして夕食。夜、市ヶ谷武蔵美のオープンマーケットからのYouTube配信を見る。コロナの影響でいろんなことが変わる。やり方が変わる。仕組みが変わる。いや変わらなければならない。その試みを垣間見る。自分もその内アチラ側へ。
5月18日(月)午前事務所、午後AEGショールームの竣工写真撮影。
5月19日(火)終日事務所。メールの返事や頼まれていた文章、サンプルの手配などをしていて図面に向き合っていない・・・意外と忙しいなぁ。

<セミナー・講演・トーク>
キッチンアカデミー オンラインセミナー
『アフターコロナの住まい、キッチンはどうすべきか』
日 時:2020年5月20日(水) 12時00分〜13時30分
費 用:無料
講 師:STUDIO KAZ 和田浩一
主 催:コミュニケーションアンドリーディング
詳細・お申し込みはこちら→
※お申込み後、ご登録フォームをお送りします。
フォームにご登録いただきましたら、ログインの詳細情報がメールで送信されます。
→ 当日開催10分前に会議室をオープン
『アフターコロナの住まい、キッチンはどうすべきか』
日 時:2020年5月21日(木) 18時00分〜19時30分
費 用:無料
講 師:STUDIO KAZ 和田浩一
主 催:コミュニケーションアンドリーディング
詳細・お申し込みはこちら→
※お申込み後、ご登録フォームをお送りします。
フォームにご登録いただきましたら、ログインの詳細情報がメールで送信されます。
→ 当日開催10分前に会議室をオープン
他にozoneでプロ向け、一般向けのセミナーを企画中です。
セミナー・講演のご依頼をお待ちしています。テーマはキッチンに関すること以外にも、造作家具、インテリア、リノベーションなどご相談ください
<イベント>
『リフォーム産業フェア/キッチンワールド2020』IN 東京
日 程:2020年7月21日(水)〜22日(木)
時 間:10時00分〜17時00分
会 場:パシフィコ横浜 B・C・Dホール
主 催:リフォーム産業新聞社
※詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちらから→
『リフォーム産業フェア/キッチンワールド2020』IN 大阪
日 程:2020年11月19日(木)〜20日(金)
時 間:10時00分〜17時00分
会 場:インテックス大阪 6号館
主 催:リフォーム産業新聞社
※詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちらから→
<リンク>
STUDIO KAZのホームページ
STUDIO KAZのFACEBOOKページ
キッチンアカデミーのFACEBOOKページ
『RAELIS
ALLABOUT
コイヤプロジェクト
<和田浩一の著書>
キッチンをつくる/KITCHENING
世界で一番やさしいインテリア
世界で一番やさしい家具設計
世界で一番くわしいインテリア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です