Ettore SottsassとMemphis

昔からミーハーです。
Aldo Rossi、Ettore Sottsass、Gaetano Pesce、Carlo Scarpa、John Pawson、George Sowden、倉俣史郎、内田繁、喜多俊之、、、あげはじめたらキリがない。
その中の何人かの方とは仕事の上でお会いしたことがある。ありがたいことで、舞い上がって何を話したのか覚えていないほど。

Ettoreさんもそのひとり。サラリーマン時代、Sottsass Associatesに窓のデザインを依頼した。残念ながら担当は室長だったが、プレゼンなどの会合には無理やりにでも同席した。本人には個展『ソットサスの窓展』の時にお会いしただけだったが。

さて写真の腕時計はSEIKOから発売されたEttore Sottsassのデザインによるもの。
昨日書いた『Momento』以降、初めて購入した腕時計だ。

腕時計の機能はもちろん『時間を知る』ということだが、身につけるという要素を考えると、極めてファッション的な要素が大きくなる。文字盤の大きさ、色、表示、バンドの素材、色などの要素でセレクトされる様は、靴や服と同じ。洋服の数だけ腕時計は必要なのかもしれない。
プロダクトデザインの世界では『機能美』ばかりを追求し、華美な、いや最近ではわずかな装飾をも排除することが多い。もちろん無意味な装飾やデザイン(例えば奇を衒って丸くしたり斜めの線を入れたり)はよくない。しかしそこに込められたウィットやユーモア、アイロニカルな表現も時には必要なのではないか。
なんだかデザインを目指した頃の初期衝動に似ている感覚を取り戻すことができる。

そういえば、昨年のMilano Saloneでメンフィスの展示がひっそりとされていた。日本で(もちろんそのほとんどは雑誌で)見ていたメンフィスの家具やファブリックは刺激的で、インテリアの他の要素に合わせるのは非常に難しい、いや無理だろうと思っていた。が、ミラノの古い漆喰の壁、大理石やオークのヘリンボーン貼床の部屋に置かれたメンフィスのデザインたちは不思議にしっくりとはまっていた。そこにEttoreさんのものはなかった(George Sowdenのファブリックはあった)が、メンフィスを引っ張ったEttoreさんのことを心底恐ろしいと感じた。

<セミナー・講演>
『御社だけのオリジナルキッチンのつくり方講座 in 栃木』
日 程:2019年5月21日(火)
時 間:13時30分〜16時45分
会 場:マルチスペース宇都宮
   (栃木県宇都宮市東宿郷2-3-3)
費 用:3,240円/人
主 催:コミュニケーション&リーディング
※詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちらから→
『御社だけのオリジナルキッチンのつくり方講座 IN 静岡』
日 程:2019年5月22日(水)
時 間:13時30分〜16時45分
会 場:LOAT DYED COALO (フロートダイドコーロ)
   (静岡県静岡市駿河区小黒3丁目9-11)
費 用:3,240円/人
主 催:コミュニケーション&リーディング
※詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちらから→
<イベント>
『ミラノサローネ2019から読み解くトレンド』
日 時:2019年5月14日(火)15時〜17時
場 所:スガツネ工業株式会社 東京ショールーム本館5階ホール
     東京都千代田区岩本町2-5-10
参加費:3000円
企画・主催:株式会社STUDIO KAZ
詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちらから→ もしくは→ もしくは→
『KITCHEN WORLD 2019』
日 時:2019年7月30日(火)31日(水)(リフォーム産業フェアー2018内)
場 所:東京ビッグサイト西1・2ホール・アトリウム
詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちらから→
<リンク>
STUDIO KAZのホームページ
STUDIO KAZのFACEBOOKページ
キッチンアカデミーのFACEBOOKページ
『RAELIS』
ALLABOUT
コイヤプロジェクト
<和田浩一の著書>
「キッチンをつくる/KITCHENING」
「世界で一番やさしいインテリア」(最新改訂版)
「世界で一番やさしい家具設計」(増補改訂カラー版)
「世界で一番くわしいインテリア」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です