「いかに安い家作るか」をそろそろやめませんか?

いくつかの家作り系マッチングサイトに参加しているのですが、そこで募集されているプロジェクトの多くがが「ローコストの◯◯」というテーマばかり。無意味に高い家を作るつもりはないけど、「ローコスト」を最大のテーマにされるとテンション下がりますよね。そう書いておかないと建築家やデザイナーが設計する家は、べらぼうに高くなると持っているのでしょうか?僕らは与えられた条件の中で最大のパフォーマンスを発揮することに努力しているのですけどね。
価格競争が過ぎる家は差が出にくい。
無駄に個性的な家にする必要はないけど、住む人のライフスタイルに寄り添うことを優先すると、ひとつひとつ違った家になるはずなんです。
ローコストの家というのはあくまで「イニシャルコスト」。そこを下げてランニングコストが高くては意味がない。イニシャルコストを下げることで日々の生活でストレスが溜まってしまっては意味がない。
「イニシャルコスト」ではなく、日々の光熱費やメンテナンス費、リフォームやリノベーションの費用など、その家に住み続ける限りかかる費用も加えた「ライフサイクルコスト」で考えなければならない。そのことに気付いた施主が増えたが、多くの工務店はそのことに気付いていない。だからいまだに甘えん坊で、何も考えず、めんどくさいことを避けて、楽して儲けようとする工務店ばかり。そろそろそこから脱出しないと、厳しい住宅業界で生き残っていけませんよ。

4月26日(月)午前、某キュレーションサイトのインタビュー。
午後、渋谷で授業2コマ。平日コースの初回授業。個性的な人が多いといいなぁ。まだまだみんな様子見状態。
夜、事務所で図面。
4月27日(火)朝一歯医者さん。夕方から雑誌社の企画の打ち合わせ。無茶振り・・・
4月28日(水)午前、事務所で作業。
午後、打ち合わせ2件。
夜、事務所で作業。
4月29日(木)夕方、吉祥寺案件の現場。壁も仕上がり、床のタイルカーペットの施工中。道産ナラの柱にオスモを塗布する指定なのだが、集成材とはいえ無垢の木なので、色のムラが心配だったが〜普段はあまり気にしないが、今回のクライアントとの打合せのニュアンスを感じていたので〜塗装屋さんの配慮もあって、ちゃんと色が出ていてちょっと安心。あとは一つだけ心配事が残っているのだけど、それは工事の最後。
4月30日(金)午前、新小岩案件の現場下見と打合せ。ゴールデンウィーク明けから本格的にスタートする案件。またもや急ぎの案件。またバタバタしちゃうのかな。午後、虎ノ門のお客さんのところで追加工事の打合せ。

まだまだシン・コロ騒ぎは収まりそうもないですね。国と都の施策ががいい加減すぎて、全くあてにならない。自分たちでしっかり生きていかねば!!

<セミナー・講演・トーク>
オンラインセミナー
「オーダーキッチンとモデル無人化で競合との圧倒的差別化」
第一部『今知っておくべきオーダーキッチンの世界』
第二部『新たなモデルハウスの活用方法!無人化のススメ
日 時:2021年5月18日(火)13時00分〜15時00分
場 所:オンライン
費 用:無料
講 師:STUDIO KAZ 和田浩一頼人 石原健司
主 催:頼人
詳細・お申し込みはこちらから→
セミナー・講演のご依頼をお待ちしています。テーマはキッチンに関すること以外にも、造作家具、インテリア、リノベーションなどご相談ください
<オンライン相談会>
オンライン(zoom)でオーダーキッチン、リフォーム、リノベーションなど住まいの相談をお受けします。
ご希望の方は下記の内容を書いて、メール(info@studiokaz.com)にてご連絡をください。
1.お名前
2.ご住所
3.ご相談の内容(簡単で結構です)
4.希望の日時〜第一候補
第二候補
折り返し、ご相談の日時、会議室のリンク先をお送りします。
工務店の方は、キッチンアカデミーに関してのご相談でも構いません。
企業の方は、商品のデザインやデザイン監修、講演などのご相談もお受けします。
<リンク>
STUDIO KAZのホームページ
STUDIO KAZのFACEBOOKページ
STUDIO KAZのYOUTUBEアカウント
キッチンアカデミーのFACEBOOKページ
『RAELIS
ALLABOUT
コイヤプロジェクト
<和田浩一の著書>
キッチンをつくる/KITCHENING
世界で一番やさしいインテリア
世界で一番やさしい家具設計
世界で一番くわしいインテリア

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です